Make your own free website on Tripod.com

 2002年 11月 16日(月)

 

宮根さん『今日石田君と喋ってたんです。 えーこと言いましたね

       結婚をしようという女の人または男の人とは

       温泉に行くべきやと』

石田さん『はい』

宮根さん『えー話やん 説得力あるわ』

石田さん『教えてもろたんですけどね まず温泉に行ったら

      二人っきりやないですか 二人っきりになる時間が

      物凄い増える訳ですよ その密室の中でどんな会話が

      ねっ 何日か一緒におったら とり行われるか ねっ

      尽きてしまった後のあの雰囲気はどうなるか』

宮根さん『あーなるほどX2 語り尽くされた後に何があるか』

石田さん『そうそう ていうか僕は一回も行った事ないですよ まだ』

宮根さん『僕もないんちゃうかな』

石田さん『ほんま ないんですよ』

江崎さん『あー でも女の人ノーメークになるじゃないですか』

石田さん『でっ そこかい』

江崎さん『勇気がいると思います』

石田さん『全てを出せると』

宮根さん『さらけ出す』

石田さん『ノーメーク なるほどね』

宮根さん『あと 怖いのは浴衣やね 浴衣で朝起きた時』

石田さん『あっあのねー べろんは嫌やわ』

宮根さん『あれは辛い』

石田さん『俺の知り合いが やっぱ片乳出てた時ショックやったって

      言うてたね 朝起きて こう片乳出して

      かーって寝てたら・・・別れたらしいよ』

宮根さん『僕がね あの聞いたのはね 全部脱げてたんて 女の人が

      全部脱げてて 帯だけあったんやて ここ

      それが繋がれたサルみたいやったんやて』

石田さん『連れて行かれそーや』

宮根さん『それはあるね女の人』

石田さん『いやいや 温泉はいや』

宮根さん『温泉はでも行くの夢なんでしょ 女の人と』

石田さん『夢なんです 今年こそはね ずーっとねなるみちゃんに

      怒られてたんですよ 36年間もね生きてて一回も

      女の人と温泉に行った事が無い様な人が恋愛番組を

      するなって言われてたんですよ やってた時にね』

宮根さん『なるほど 深みが出てきへんと』

石田さん『そうX3』 宮根さん『ただね 

      温泉は難しいのはね

      あのこう入ってきはるやないですか仲居さんが』

石田さん『関係がね』

宮根さん『そうX4 二人だけじゃないやん

       “ご飯何時にしましょ”とか“お布団何時にしましょ”と

      入ってきはるじゃないですか そのへんのこう

      難しい所がありますね』

石田さん『その お布団何時にひきましょ あれって普通

      どっか泊まるでしょ 部屋入るでしょ ほいで

      晩飯やゆうてどっか出て行くでしょ で帰って来たら

      ちゃんと並べてありましたよ』

宮根さん『ちゃうやん えー所はもうそこでご飯食べたりするやんか

      部屋の中で』

石田さん『あっ ごめんごめん 俺ロケばっかりやねん行ってるのは

      スタッフと部屋入って だって前もヒロさんと二人の

      部屋ん時 あっめだかさんや

      めだかさんと二人の部屋の時にやで あの ご飯

      部屋入って ご飯食べに行って 帰って来たら

      (布団が)ぴったーっとくっついてあるねん

      ひろぉーい部屋の中で』

宮根さん『それも嫌ですね 男同士で』

石田さん『ある意味 ドキドキしたけどね それは 端の方に

      追いやりましたけど』

宮根さん『えー所は そこんとこでご飯食べますからね ほいであの

      あの 名前を書くじゃないですか入る時に

      これ難しいねっ』

石田さん『えっ 経験あるんですか?』

宮根さん『えっ? あるんかな? 俺』

石田さん『あんた さっき 無いゆうてたよ だから

      あほやなぁ〜 どんくさいなぁ〜』

宮根さん『えっでも例えばホテルとかでも名前書かなあかんの

      ちゃいます?例えば 石田靖って書いて』

石田さん『いや ホテルって どの? 昔の?』

宮根さん『ちゃうちゃうちゃう 普通のシティーホテルでも

      二人で入ったら書かなあかんのですよね』

石田さん『えっ 二人の時に?』

宮根さん『書かなあかんよ 石田靖って書いて石田花子にせなあかん』

石田さん『なんで 花子やねん』