Make your own free website on Tripod.com

       

 

        戦うお正月 ペーパードライバー対決 IN オーストラリア メルボルン

           西村知美さん&柳沢慎吾さん VS 山田花子さん&石田靖さん

       

     今回は海外ロケ それも オーストラリアメルボルン (*^-^*)

     『オレ反』での裏話によると 一泊2日でロケされたらしいんだよね 

     なんてハード・・・・・   西村知美さんが一日遅れで入られる事になってて

     行きは慎吾さん花ちゃんと3人で一緒に飛行機に乗って行かれたようです。

     カンタス航空のビジネスクラス いいなぁ〜

     石田さん飛行機の中は寝て行くつもりバンバンだったけど

     慎吾さんが淋しがりで真ん中の席に座らせてくれって言われて

     花ちゃんと石田さんの間に慎吾さんが座るという席順 そして お喋り開始(笑)

     その上 慎吾さんお腹の調子が悪かったみたいで 何回も『ごめんね』って言っては

     前を横切ってトイレに行かれるので・・・・(;^_^A  寝れなかったよねきっと

     オーストラリアに着いた当日はフリーでショッピングとか楽しまれたみたいです。

     カジノとかもされたって言ってみえたけど・・・初日にされたのかなぁ?

     翌日 西村知美さんがオーストラリア入りされて 撮影が始まったみたいです。

 

     さて番組本番

     石田さんは オレンジの半袖トレーナー(イッセイミヤケかなぁ?)中に長袖の白のTシャツ

     グレーのパンツに靴は白のスニーカー 

     メルボルンの太陽の下 オレンジも本当に似合って もうそれだけでメロメロ(笑)

     今回のファーストステージは 知美さんチームが82年型ロールスロイス(新車だと2000万円)

     石田さん花ちゃんチームはオンボロの85年型フォード F150トラック での恐怖の(笑)ドライブ

     スタートの合図で

     石田さん『よっし よっしゃ行けシートベルト』って騒ぎながら乗り込んでドアを閉めた瞬間

     そのドアの閉まる振動で荷台のドアが開いてしまって (超オンボロフォード)

     石田さん『お前後ろ開いてるやん 何でこんなん開くの?』って??? 出足から大騒動

     その上 花ちゃんシフトレバーが無いって大慌て

     石田さんに『これやこれ ドラム車やて』って言われて あたふた触ってたら急発進

     暴走して前に止まってるロースルロイスに衝突しそうになって \(・o・)/ワァ!

     後50CMっていう所でエンストストップ (;^_^A  まだスタートしてないのにもう危険状態

     サイドブレーキがどこにあるのか何が何なのか混乱して放心してる花ちゃんをおいて

     知美さん達は一足お先にスタート

     『もうとりあえず行け』って石田さん それで とにかく車を発進させたのはいいけど

     『ウインカー出せ』って言う石田さんに 『ウインカーって何?』って花ちゃん (o_ _)o

     いいのかなぁ〜 メルボルンの街の中 こんな花ちゃんに運転させて (笑)

     でも とにかくまずは 第一チェックポイントに向かうべく スタート

     メルボルンの中心街を走ったんだけど 南半球最大のカジノを見つけると

     花ちゃんそれに気を取られてよそ見しちゃって 信号無視

     赤で交差点に突入してしまい立ち往生してしまいました。

     『お前の運転がバクチやないか』って石田さん・・・・

     なんとか 街の中を進んで 第一チェックポイントの

     『カフェ・テイスト・ハッツ・オブ・メルボルン』の近くに到着したけれど

     片道2車線の道路の中央にあるパーキングエリアに車を縦列駐車しなくてはいけなくて

     それも すっごく交通量の多い路での縦列駐車 (怖)

     石田さんとにかく降りてテキパキ指示を始めました。 

     ※ ここからは石田さんの叫び中心に描写(笑) ※

     『出てバックやぞ オレ降りるから』『来い』『バック』『バカ おぉぉ』

     『きれきれきれ』『こっち切れ そうそうそうそうそう そのまま あっストップ』

     『ちょっとちょっと おぉぉ〜 まっすぐ戻せ まっすぐ戻せ ハンドルを元に戻せ』

     『そうそう そのまま バックバック オレでも無理やもこんな』

     『ちょっと待て落ち着け 花子落ち着け せやねん あいバックバックバック』

     花ちゃんパニック状態で放心したままハンドル握って座ってる

     『OKOKOKOKOKOK バック行けバック行け 切れきれ切れきれ切れ そうX5』

     『又戻してx4』 

     この時なんとハンドルを戻してバックしてる花ちゃんの車と横にある車の間に

     石田さん挟まれそうになって 石田さんも口あんぐり放心状態

     『戻せ まっすぐ戻せ 挟まってる そのまま下がれ そうX3 よしX3』

     『ほいで切れX3 切れはよーはよー ほいでまっすぐ来い大丈夫や』

     石田さんが車の後ろの方で大きく手を広げ『来い』って叫んでるのに

     車の左前がぶつかりそうでアクセルを怖くて踏めない花ちゃん

     大きな声で『大丈夫や来い』って叫んでるのに 中々バックしてこない花ちゃんに

     イライラした石田さん 車の後ろに突進 車を蹴飛ばしてました。ボンって

     感情が一杯出ててむっちゃ可愛かった

     一杯汗かいて真剣な顔で指示をする石田さん カッコいい〜

     いよいよやっと 縦列駐車できるポジショニングに車が置けて

     (さっきまでの大騒動は路の左車線から

      中央のパーキングの方にバックで車を移動させてただけ(笑))

     まずは縦列駐車の前にハンドルの切り方を指導する石田さん

     ハンドルを握る真似をして右に切ったり戻したり左に切ったりと真似をするんだけど

     花ちゃん理解不能(笑) 放心状態 看板をタイヤで踏んで動かしちゃうってミラクル起こすし(笑)

     とにかく 挑戦! 

     ここで石田さん発見 “花ちゃんは誉めると実力発揮するらしい”(笑)

     それに気づいた石田さん『お前イケテル 上手いよ上手いよ』ってべた褒め

     喜ぶ花ちゃん でも 調子に乗り過ぎてエンストしちゃって車の後ろに立ってた石田さんビックリ

     『アホー』って叫ぶ石田さん 更に何回もきり直して縦列駐車もOKかと思われた瞬間 

     石田さんの『ハイストップ』の声が聞こえず花ちゃんブレーキ踏むのが遅れ

     『あかん』って石田さん叫んだ瞬間 後ろの車との間に挟まれそうになってしまいました。

     間一発ですり抜けてセーフ(良かった〜 もう 観てる方がドキドキドキドキ)

     『もういややー』って言う花ちゃんに 『俺も嫌じゃ』って(笑) でもそう言った後すぐ

     運転席の窓の外から 『お前はやったらできるから なっ やったらできるから 頼むわ』って

     ハンドルに手をかけて切るの手伝って花ちゃんの頭ぽんって o(>_<)oあーん

     いいなぁ〜 花ちゃんいいなぁ〜

     あんな風にされたらもうもう・・・・・ あーん 羨ましすぎ ずるいよ

     OKかと思われたけどまだ中にきちんと入りきれてない車・・・縦列駐車は続行(笑)

     でも2人とも疲れちゃって 口数少なく 手話での会話状態(笑) 声も出ない程の疲労

     何回も切ってバックしてを続けて これで最後っていうバックの時

     またまた石田さん 後ろの車との間に挟まれかけちゃって っていうか

     実際挟まれたと思うw(☆o◎)w テレビ観てて怖かったぁ〜 心臓止まるかと思った

     『もーいやや ひざ割れるわ あほ もー怖いわ』って 本当に危なかったです。

     第一チェックポイントではクッキーを購入

     お店の中のお姉さん 石田さんが花ちゃんをどついてるのを観て笑ってました。

     

     第一チェックポイントはクリア 

     次は第二チェックポイントにいるカンガルーの赤ちゃんと写真を撮りに行きます。

     第二チェックポイントに向かう途中には

     オーストラリアの交通ルールであるラウンドアバウトがありました。

     交差点の真ん中が円形になってて右折するにもどの路に曲がるにも

     その円形の周りをまわって行くのね で右にいる車が優先って感じなんだけど

     花ちゃん お約束なのか天然なのか その円形の周りを3週も回ってました。(笑)

     止まってる車にはクラクションのブーイングならされるは 

     手を振られるは(笑) 楽しいなぁ〜花ちゃんの運転(笑)

     路はどんどん山の方に向かっていて 未舗装になってきたんだけど

     穴がでこぼこあいていて 車は縦に大揺れ 中の2人はトランポリン状態で大騒ぎ

     それが終わったと思ったら今度は ぬかるんだ急な坂道が待ってて・・・・・

     普通に進んで行ったら タイヤがぬかるみにはまってしまって進まない

     アクセル踏んだらタイヤが空回りして煙出し始めるし(笑)

     再度バックして坂を降り 一気にスピードを出して登る作戦に

     『バックしよ バックバック GO!行け!スピード出して ここは一気に行ってまえ GOGOGO!』

     って頑張るんだけど途中でどうしても車は止まっちゃう

     又車をバックさせようとするんだけど 花ちゃんもう怖くて放心状態泣き出しそう

     石田さん 優しくハンドル握ってました。

     助手席から左手でハンドル握って後ろシートに右手かけてバック見ながらハンドル操作

     あーん ずるい カッコよすぎる 花ちゃんうらやましすぎ・・・ 

     後ろ向いてる横顔がすっごく素敵なんだもん ドキドキドキドキ

     ハンドルを操る左手が・・・・ ドキドキドキドキ  

     石田さん 犯罪だよ ブラウン管の前で女の子みんなやられちゃってるよ(//▽//)ヾ

     ・・・・話を元に戻して(笑)

     4度目の挑戦でやっと登りきれた坂

     第2チェックポイントでのカンガルーの赤ちゃんとの撮影も終わり

     次に行こうと思った時 飼育員の方から車の荷台にプレゼントがあると聞かせられて

     車に戻ってみたら なんと大きなカンガルーの縫いぐるみが車に置かれてた

     バックで今来た坂を戻らなくちゃ第3チェックポイントに行けないのに(;^_^A

     しかたがないので 石田さんが外に出て後ろで誘導 坂をバックで降りる事に

     『あーあかん 左振って 右振って右右やから右って言うてるやんけ』

     『右振って そうそう花ちゃんえー感じ』なんて誘導してたら

     車は調子にのってスピードアップ またまた後ろでひかれそうになった石田さんでした。(;^_^A

     『スピードってもんがあるやろ!』 怒ったり誉めたり大変な石田さんです。(笑)

     第3チェックポイントへ行く途中カンガルーやうさぎやらを発見してハシャグ2人 

     象を発見した時は さすがにビックリ 花ちゃん気を取られて対向車線に乗り出しちゃって

     あわや激突って感じでした。(危)

     

     第三チェックポイントでは コンボイを運転して用意されたパーキングスペースに止める事に

     数千万円もするコンボイの持ち主が心配して助手席に乗ってました。

     石田さんはトラックの周り 外を走り回ってトラックを誘導

     やっぱり 止める時は トラックの前でひかれそうになっててo(>_<)o

     ハラハラハラハラ 

     知美さんたちより先にパーキングスペースに駐車できた花ちゃん石田さんチーム

     カンガルーを知美さん達のパーキングスペースに置いたりして邪魔までしてました。

     

     残すはゴールを目指すのみ

     『後はゴール このままの調子で行け ただ暗くなってきた ライトアップ!』という

     石田さんの指示に 花ちゃんライトのスイッチを探してON 

     でもなぜか車内灯がついて 

     『誰がお前 中のライトつけろ言うてんねん』って(笑) これもお約束?

     でも 実際ヘッドライトつけるのにわきに車を寄せて止めてつけてたらしく

     なぜかゴール地点には知美さんペアより遅れてついてしまいました。

 

     ゴールでは前回よりも5CM幅の狭いレールの上にバックで車を止める事に

     後から着いた石田さん 動いてる車から飛び降り 誘導体制に

     『よっしゃ来い花子来い』ってクライマックス

     知美さんがレールからタイヤが外れて レール倒して壊してしまってる間に

     リード 余裕で優勝かと思ったんだけど

     まっすぐバックができない花ちゃん

     『アカン切るなや お前なんで切るのや』の石田さんの声

     脱輪・・・・・ 体制を立て直して バックしなおしたけど 本当に僅差で負けてしまいました。

     でも ここで終わらないのが 花ちゃん

     バックしつづけて ゴールを飛び越し またまた石田さんをひきそうになりながらも

     後ろの路肩まで進んでストップ(笑)

     最後まで 大笑いでした。

 

     VTRが流れ終わって スタジオ登場の石田さん

     席に付いて一言 『ここにおれるのが嬉しいです。』(笑)

 

     命がけでの花ちゃんとのドライブ

     ブラウン管のこっち側で 笑っちゃってごめんね でも 本当に面白かったぁ〜

     あーんど

     ドキドキメロメロしちゃった 悔しいなぁ〜(笑)